サラバほうれい腺!【若返り実行計画で理想フェイス】

女性

気づいた時から始めよう

セルフケアでほうれい線を目立たなくしたいならこちらで改善方法をチェックしませんか?どれも効果的なので試して見る価値があります。

女性

化粧をする前に鏡の中の自分をじっくり見ていると、このごろくっきりし始めたほうれい線が気になる。しかし、ここであわててファンデーションを塗りたくると、厚化粧になって、かえって「ほうれい線対策をしています」という顔になってしまう。では、どうするか。 よく観察するとほうれい線がくっきりしたのは、ほほの皮膚が少したるんだからだ。若いころはたくさん日光を浴びて、健康的に焼けていたから、皮膚の老化も早いのだろうか。あのころは、紫外線の怖さもあまり言われていなかったから、対策していなかったのは自分だけではないはずだ。などと思うことは何の気休めにもならない。 最近は紫外線対策はしっかりしているけれど、これからはたるみ対策もしよう。今からでも何もしないよりは良いはずだ。化粧品による保湿対策とリフトアップの効果がでるにはどれくらいの時間がかかるのだろか。試しにほほを少し持ち上げてみるとほうれい線は薄くなる。そこで、顔の皮膚をいろいろな方向に引っ張ってみた。その結果、こめかみや耳のあたりを少し引っ張ると、10歳ほど若返ることが分かった。これだ。でも、手で引っ張り続けることは無理だ。何か良い方法はないだろうか。

ほうれい線を目立たなくするための、リフトアップの方法をいくつか紹介しよう。まずは、テープを貼ること。鏡を見ながらいちばんきれいに見える角度に顔の皮膚を引っ張って、皮膚が戻らないようにテープでピッと貼ろう。冗談のようだが女優さんでもやっている人がいるらしい。失敗してもやり直しは簡単だし、テープ代も安価。試してみる価値はあると思う。髪の毛で見えなくなる位置に貼ることがポイントだ。次に、髪を結ぶことだ。さらに簡単なのはサイドの髪を上に持ち上げるように引っ張って、きつめに結ぶこと。髪の長さと量によって、結び方に工夫が必要になる。編みこみをしたり、カチューシャを使う手もある。そして、思い切って整形という手段もある。皮膚の下に糸を入れて引っ張るスレッドリフトは、30分程度の施術だ。髪の生え際の目立たないところを切って表情筋を引っ張るフェイスリフトは、10年程度は効果が持続する。いずれも顔に注射をしたり、メスを入れたりするので、信頼できる専門家を選ぶ必要がある。最後に、筋肉強化。外からの力でリフトアップを考えるだけでなく、口元の筋肉に直接アプローチすることもほうれい線対策には欠かせない。口の中から舌を使ってマッサージしたり、指で口元をくるくるだけでなく、大きな口をあけたり、変顔をすることも表情筋を鍛えることになる。そして笑顔を絶やさないことがもっとも効果的だろう。気づいた時が対策時だ。自分で出来る限りの対策を行っても解決が見込めない場合は、美容外科の手術を受けよう。

老け顔にさようなら

整形

年齢と共に肌は衰えてしまいます。ほうれい線のその衰えの1つですが、セルフトレーニングやケアなどで解決することも可能ですが、いまは整形外科もあるので、そこで治療を受けるという選択肢もあります。

詳細を確認する

顔の気になる部分を若返り

女性

老化でできてしまうほうれい線は、見た目的にも若さとは程遠い印象を与えてしまいます。しかし、美容整形ではほうれい線を目立たなくする方法が何種類もあり、その効果も確かなものがそろっています。少しでも若さを取り戻していくために、多くの情報から無理のない方法で効果を感じていきましょう。

詳細を確認する

深いシワを消す整形術

顔の手入れ

口元にできるのがほうれい線で、老けた印象を作り出すラインです。女性にとっては若さを保つバロメーターでもあり、シワを消すためのプチ整形が人気を集めています。さらに男性目線での施術法も揃えることで、若さある年代を作り出すサポートが行える考えです。

詳細を確認する

印象が若くなります

女性

ほうれい線は鼻の脇から唇の端まで伸びる線の事を指します。ここに一本線がはっきりと出ているだけで、印象はかなり老けてみえます。そのため、このほうれい線を消す施術を受けられる方が増加しています。美の意識が高くなった現代では、この施術を受けられる方は珍しくなくなりました。

詳細を確認する